意志の力はとてもパワフル。頑張って成し遂げる事には限界がある。   
   でも頑張ってる人は違う力も使ってる・・・。 

2013年01月17日

作り笑顔 VS 心の深層

“作り笑顔”というのは厄介だ。これは癖になっていることに気付かない。
もしくは、気付いていても、心が伴わないものは、やはりどこかウソになる。

自分が他の人について難なく気付くように、自分の作り笑顔も当然相手は気付いている。けれど、お互い、その、どこか作りモノの世界が当たり前で、作り笑顔と社交辞令で、ビジネスライクな当たり前が普通になる。

気分が悪くても、腹が立っていても、反射的に作り笑顔でお礼を言ったり、習慣とは幾分便利とも思われるけれど、それは、茶道教室で立居振舞や作法を身につけることとはまた違う。
・・・でもそれは、社会での処世術・トラブル回避・余計なストレス回避の術だということも理解するし、ある程度はロボットのような言動を強いられる部分もあるだろう。
けれどやはり、ホントのところ、変ではある。
それに、潜在的にどこか納得していないものがあると、いずれ表面化するかもしれない。

先日、「1分間だけいいですか?」と、ある商品説明とサンプル配布をしている、綺麗なお姉さんに声を掛けられ、普段は断るけれど珍しく付き合ってみた。(眼力に圧倒されたからかもしれない。)
彼女もそうだし、ファストフードの店員さんでも、早口と笑顔というのは、たいしたものだ!と思ったりもするし、今回の正月はたまたまいつもと違う航空会社にしてみたけれど、空港の係の人も、早口な機械のようで聞き返してしまった!(空港の人は作り笑顔もなく完全に無表情だったけれど。)

サンプルの綺麗なお姉さんも、せっかくキレイなのに、口元しか笑っていなかった。

それでも、社会は、お互い様で回りつづける。
現代的に解釈されたオブラートに包んだ「お互い様」・・・。

それよりも、心から笑っている振り〜という演技を身につける方が恐ろしいと思ったりもする。

現代人は賢くなって、どんどん自分すらも欺く術を身につける。
取り合えず不調和を放置すると、いつかそれがきちんと対処できる日まで、向き合って処理できうる日まで、潜在意識が保管してくれる。

さて私はかつて、バスで席が空いているか訪ねた時、自分が口元しか笑っていないことに気付いた。恐らく相手は気に留めておらず、むしろ礼儀正しい人とすら思ったかもしれない。

私はずっと内勤だったけれど、接客や商談もしていたので、バスの一件で、自分が全く自然体でないことにやっと変だと気付いた。心が何処かに行ってしまっていても、夢遊病のように習慣的に反射的に丁寧に応対する・・・それは、ある種、現代では特技かもしれないけれど、変だと思った。

変でも何でも、そうするしかないのか?
そうではないと思う。(気がつきさえすれば。)

ある意味、現世というのは幻想だと言うけれど、それは心が伴っていないからだ。
反射と習慣と、夢遊病的な言動を、気付かずに繰り返している
究極的にはもっと深い意味での心・魂だけれど、それに潜在意識、・・けれどその前に、顕在意識では整合性が取れているように、何とか見える現実を心と相談して調整してみてはどうだろうか?

私も超残業な日々を長年おくっていたので、どうしたら調整休養が必要になるのか?というのの理由はわかるつもりでもいる。だいたいは頭で制御できているつもりで知らずにズレていってしまう。
Body・Mind・Spirit 三位一体あらゆるレベルのヒーリング
時代は急速に変化を遂げ、ニセモノには特に敏感な世の中になっている。
波動やオーラなどというスピリチュアル的なことは信じなくても、誰でも違和感を察知する時代、当然自分も自分の「ホント」は誤魔化しきれずに気付き始める。

作り笑顔 VS 心の深層。 演技 VS 自然体・・・。

ご自宅で受けられる遠隔ヒーリングは全国どこでもセッション可能です。
►► 【意識の拡大・制限を外す】 ヒーリング体験で起こりうること
臨機応変にご予約を賜っております。癒し関連情報も発信していますので、こちらのサイトも是非ご覧ください。

仕事/仕事の話   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ



posted by misa at 04:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

【完璧主義】は、ホントに完璧なのか?

【完璧主義】は、勿論わるい事ではないし、仕事をきっちり正確に、間違いなく、更に上出来にこなすとか、人間関係でも約束事、時間厳守など、きっと真面目でデキる人に違いない。
そして恐らく大抵の人は、それで満足だし、もしかするとある種、脅迫観念で手を抜く方が気が咎めて、疲れるけれど気を抜けないのかも。

好きで自分で確認しまくり、仕切りまくり、疲れるけれどその方が安心〜なのだから、きっと誰かが手を貸そぅとしても自分でやりたいのだろう。
もし、やりたくないけど、そぅせざるを得ない・・・としても、誰かに頼むと間違われるとか、信用できないとか、結局自分が確認作業をしなくてはならないとか、更にミスでもあろうものなら、結局自分で手を下すことになるから、最初から自分でやった方が早い・・等々。いずれにしても、やらないより、やる方がすきなんだから、自分で選んでやっていると言うしかない。

理由はわからなくはない。

もし、現状に満足しているなら別にいい。
必ずしも、「ストレスがたまるでしょ?」とも言えない。だって、きっちり確認した方がストレスがないのだろうから。
もし、面倒でやりたくないしストレスがたまるとしたら、完璧主義ではないのかも?

いずれにしても、なんで忙しいのかな?とか、誰かに任せられないのか?気にしない方法はないのか?と疑問があるならば、どこか見直す部分があるのでは?
★人生が加速★情報をキャッチし本当の使命に入ってゆく人も…★
いろいろある理由を拾うと、もっと細かく沢山あるだろうけれど、個別の話しは飛ばすことにする。

それだけ【完璧主義者】だったら、当然ある程度仕事がデキる訳だし、職場の業務改善や、周りの人材育成、そして、完璧ついでに、まわりを信頼して任せてみる〜という広い心と、その結果の失敗にも根気よく付き合う〜という人間的な大きさの部分も完璧になってみてはどうだろう?

【完璧主義】な人は、自分は完璧なので、人にも当然、完璧を求める。
そしてだいたい「そぅいうことは許せない〜」とか言いますけれど、人を許すことも含めて、完璧になってはどうだろう。
どうせ、何かトラブっても、そぅいう人は完璧に対処するし、早めに感づくし、ミスは未然に防げるに違いない。何も怖れることはない。

それに、誰かを信頼したり、物事の成り行きが上手くゆくことを信じたり、余計な不安を抱かずに臨むのは、他の様々な運も引き寄せる。
リスクマネジメントも大事かもしれないけれど、心配が中心にあると、余計な仕事が増える。信頼して任せて、成功の方に視野をおいていれば、広がる可能性が出てくるけれど、100%に近付けることが目的なら、100%より上がる可能性は低い。

自分が思う【完璧】で満足ならいいけれど、それも自分の考えの制限だ。
もし、その【完璧】を超える結果を望むなら、制限は取り払わなくてはならないし、自分の意見以外の声も聞く余裕や柔軟性をもつべきで、その声は、今の考えが【完璧】と思うならやってくることはないのでは?
成功する人は、誰かの声や、見えない力や、不思議な巡り合わせ、いろんな力をつかってる。
★ 制限を手放すと、新しい現実がやってくる ★
ヒーリングセッション受付中 *mf.maia*
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ   にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

遠隔ヒーリングは全国。対面セッションは世田谷区にて受付中。
2種類の永続する癒しのセッション。【リコネクション®】・【リコネクティブ・ヒーリング®】ご予約・詳細はこちら ⇒ * session room mf.maia *

posted by misa at 02:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

イメージのちから。目標と理想と現実。

忙しい現代人は、もしかしたら、仕事が忙しいから、そのストレスを解消する為に、旅行や趣味で気分転換をはかろぅ〜という感じで、純粋に、旅行に行きたい〜とか、趣味を極めたい〜とか、それ自体を目標にしてなかったり、ストレス解消の気晴らし以外に、取り立てて目標や理想というのを考えたりする時間がなかったり、現実の壁が立ちはだかって、最初から無理そぅなことは考えから排除して暮らしているのかも?

それか、「金環日食だー!」といえば金環日食ツアーだ!とか、取り合えずメディアに乗っかって、自分からわざわざ理想や目標設定している暇がないのかも?金環日食の次には何が来るんでしょうかね?
別に乗っかるのが悪いという訳ではないですけれど、例えば、「今年の流行色」と言うのも、世界的な専門の機関が決めていたりするので、それに伴ってアパレルなどが動く為に、トレンドカラーというのは2年も前に決定されます。流行も誰かが創っている訳ですょね。
当然、今年はピンクがみんな好きみたい〜とお客の顔色を伺って品揃えするのは物理的に無理なので、大掛かりな流行創り大作戦になってる訳で。

不可抗力というか、それに乗っからない方が難しいので、それはそれでいいんですけれど、誰の意見や意向は考えなしに、純粋に自分の好きなことって何だろう?とか、ホントに自分がしたいことって何だろう?・・・と考えたことありますか?
☆人生の使命・天命に気付く人も…、ヒーリング受付中☆
結局はニーズが沢山ある方へ市場は動く訳なので、世界は誰かしらの意思が反映されてゆきますけれど、「私は特に希望はないの」というスタンスだと、知らずに誰かの好みに乗っかってばかりになってしまうし、それで満たされるなら取り合えずいいんですけれど、それよりも、イメージ力の欠如で、今選んでいるものが世界を創っているという自覚の欠如の方が問題で、知らないうちに自分の好みじゃない世界になっていってしまったら?

現実や身の程知って、下手に理想を抱くとがっかりする〜と、最初から諦める人も多いと思いますけれど(・・・その場合、考えないようにしているだけで、明確に理想を持っているという証拠な訳ですけれど)、スピリチュアルな意味で、発する理想というのは誰かが受け取っているもので、スピリチュアル的な事を抜きにして言うなら、みんなが要らないと思うものは買わないとか、加担しなければいいし、別に取り立てて欲しい訳じゃないけれど、まぁいいや〜と利用し続ければ、理想とは遠いけれどそれなり程度なものが残り続けることになる。本来その責任も負うことになる訳で。

だから理想や目標は、イメージするだけでも持った方がいいし、意識を向けた方へ動くのが宇宙の法則なので、今すぐどぅこぅしたい訳ではなくても、そして明確なヴィジョンではなくても持った方が、情報が寄ってきたり、たまたまネットで見つけたり、もっと上手いことイメージを使いこなせたら、何故か思いもよらない事すらもたらされる〜ということも・・・。
☆期待を越えた癒し☆遠隔ヒーリングはご自宅で☆
成功哲学だとか引き寄せの法則だとかをやってゆくと、結局はスピリチュアルな領域へ入っていきますけれど、現実的な社会人はきっと、理論や原理やその立証や、裏付けが欲しいかもしれませんょね。
それにもしかすると、スピリチュアル的な方法よりも、心理学で誰かや何かをコントロールしたりする方が現実的だと思うかもしれません。
立証されるまで待つなら、きっと物質世界での努力と根性型かなと思われ、それでも成功へ至ることが出来るかもしれませんが、もし、引き寄せの法則などで、自分では何ともしよぅがないと思う状況などを打開したいとか興味があるのなら、精神世界や霊的成長という、スピリチュアルな部分を知って、実行してみるしかないのかも。
   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ   にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
波動が変わると現れる現実も変化する・・・
遠隔ヒーリングは全国。対面セッションは世田谷区にて受付中。
2種類の永続する癒しのセッション。【リコネクション®】・【リコネクティブ・ヒーリング®】ご予約・詳細はこちら ⇒ * session room mf.maia *
posted by misa at 03:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

【苦手克服】その努力は必要か?

勉強や、仕事や資格や、人間関係・・、人間苦手なもののひとつやふたつはあるものだけれど、その努力や苦手克服は本当に必要なのだろうか?
目の前にある困難が、必ずしもその人の試練とか、克服すべき問題だ・・とは思っていないので、それが本当に自分にとって時間を費やすものか?という判断は必要と思われる。

もしかすると、そこはスルーして、スマートに交わす場面かもしれない。
もしくは、他の得意な分野の能力を極める為の、変化に向けたトラップかもしれない。
(イイ意味で。)
留まり続けるよりも、視点を変えることが大事なのかも?

それを踏まえて・・・・

たまたま、NHKの高校講座、英語と化学を見てました。
化学ってこんな難しかったのか?というか、暗記でカバーで、短期記憶をフル稼働でなんとか高校くらいは乗り切れる気がするが(実際そぅだった気がすけれど)、化学は苦手意識が強くて覚えるのにひと苦労。当然ですが好きな科目だったら入りやすいし、言われなくても勉強するもの。

前回記事(【英会話とリトル・チャロ】春は語学学習の季節☆ )で書きましたが、私は『リトル・チャロ』レベルなので、英語は得意とは言えず、でも何故か好きなので、ずーっと断続的に勉強していますが、中学・高校時代は好きでも何でもなくて、記憶があまりない。
いつまでもビギナークラスの私とはいえ、テレビで高校英語というのを見ていると、わからないところはひとつもなくて、さすがにコツコツ勉強していた努力は無駄ではなかったらしく、当時は何が難しかったんだろうか?とすら思える。

継続は力なり・・、とか、好きこそものの上手なれ・・、という感じ。

私にとって英語・英会話は、外国人との直接的なコミュニケーションの為ではなくて(当初はそぅだったかもしれないが)、結果としては、海外のウェブサイトで調べ物をしたり、洋書を読んだり、英語とは関係ない分野の探究に必要になったけれど、特に用事はなくても興味のある事を勉強し続ける〜というのは、そぅいう後々の道を切り開く上でも重要と思う。

興味があることは覚えようとしなくても頭に入るし、バシャールも「わくわくすることをしよぅ!」と言っている。わくわくする感情こそが、やる気スイッチ☆
バシャール:スピリチュアル的なことを説く宇宙の意識。チャネリングでダリルさんが代弁します。今や成功哲学は精神世界やスピリチュアル色が濃くなってきた時代。物理的努力以外に精神世界の多次元的、宇宙的な法則での理解・解決を、社会人にも分かり易い質疑応答など多数の書物で読むことができます。

 【関連記事】 ↓ 内容・章のタイトルなど書かれています。
 ・BASHAR GOLD(バシャール ゴールド)
 ・BASHAR2006(バシャール2006)
*spiritual book* スピリチュアル本(精神世界・哲学・思想、書評ブログ)
ところで、どうしても苦手だけれど仕事上とか、やらなければならない事というのはどうだろう?興味があれば楽しく努力して克服できるとして、普通、困難や苦手克服というのはやりたくない事について言われるけれど、やはり最初に書いた通り、もし、その道や、その先の目標・目的などを目指す上で必要ならば、最終地点の方を心の糧にしてみては?
人間関係にしてもそうですが、到達したところで何ら楽しくないとか、頑張り損とか、何かエゴ(隠れた利点)があって克服したけれど結果的にはそこにしがみつく必要があるのか疑問とか・・、そんな場合、それは克服する必要があるのだろうか?

例えばさっきの、たまたま興味のある英語が役に立つ〜ということがあるけれど、逆に、研究職につきたかったのに嫌いな数学を克服してしまった為に経理になった・・とか、出来るけれど嫌いな仕事ばかりで困る・・というのも実際にある。
とにかく、好きなことをした方が人生は楽しいし、楽しい事をみつけて経験するのが人の使命ではないかと思う
事務職だけれど、通信の美大でデザインを勉強し、カラーコーディネーター資格など趣味で取りまくっていたら、そのうちパンフレットや商品デザインなどクリエイティブ目な事にも携わるようになった・・、と言うのはかつての私のOL時代のこと☆

努力は美徳、苦労は買ってでもしろとも言いますが(・・必要な苦労というのは買うまでもなく、ちゃんとやってくるものだとは思いますが。)そして楽しい事や達成感のある努力は報われるまでやり続けられますし、結局好きとは言え努力はつきもの。努力をしてこそ成功の陽の目を見る〜みたいななのは、やはり到達点にエゴがあるものではない気がします。
・・波動が変わると現れる現実が変わる・・
決して効率ばかりを問うものではありませんが、色々な意味で、好きな事を頑張った方が努力のしがいや、疲労やストレスの軽減、そして達成後に開かれてゆく道が、もっと楽しい方向にシフトしてゆくのではないかと思います。

それに、成功した人というのは、苦手に立ち向かったというより、得意な事を伸ばしたり、場合によっては苦手を克服しなくても便利なグッズを自分の得意な分野で開発する〜など、ネガティブよりもポジティブな方が軸になっていると思いませんか?
・・人生が加速・天命に気付く・ヒーリング受付中・・
   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ   にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by misa at 09:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

成功哲学の根底にある精神世界へ

成功哲学、願望成就、自己啓発、自己実現、ビジネスセミナー、コーチング・・・、そして成功者の名言・格言がもてはやされる昨今・・・。
大昔は、マーフィーの法則くらいしかなくて、成功の法則や秘訣というので社会人が参考にするのは大企業の社長が説く経営戦略や自伝系、経済学がメインだった気がします。

近年は、名言などで挙げられる経営者も新しい発想と柔軟な思考の持ち主であったり、経営哲学的なものが格段に進化していますが、スピリチュアル色が薄められているだけで、成功哲学の根底は精神世界です。
精神世界〜とは言え、打たれ強い精神力〜だとか、「やれば出来る!」を連呼するとか、諦めるな、努力を怠るな!とか、滝に打たれて精神修行〜というド根性的な精神鍛練や精神論ではありません。
むしろ逆と言った方がいいかもしれませんが、鍛え上げた武器で戦いぶ厚い鉄壁で防御するよりも、風にしなるアシのような…。

ひと昔前のビジネスの成功術などは、割に心理学的なことを駆使した戦略で、心理戦というか、人をいかに操るかという戦術が多く、むしろスピリチュアルからかけ離れていたものが多かった気もしますが、多分当時だったら短絡的ですが使えたと思いますし、スピリチュアル系の本も、哲学の分類になっていて、真理や叡智がかなり薄まったものでした。何にせよ、精神世界イコール宗教色が濃そぅなものというのは敬遠されていたと思います。
(叡智・真理の大事なところが薄まって和訳されていたり、入ってこなかったりしたので、成功したかったら原書を読め!〜という感じの本までありました。昔はホントに良い書物が和訳されて日本で発売される土壌がなかったんですね。科学の発明の産物というのも世間には薄まって出てくるそうですし…。)
という訳で、最近の自己啓発セミナー、カウンセリング、セルフマネジメント、コーチング〜というのは、やっとスピリチュアル色が濃くなってきた気がします。

スピリチュアルや精神世界とは何か?・・・は、なかなか一言で説明できませんけれど、心の奥の本質的なものに人は目覚めてゆくようにデザインされているそうです。
しかも、心理戦のような短絡的で小手先の技や知識ではなくて、もっと楽に願望成就なり成功に近付けるものだと思います。

自己啓発系からだんだんと、心理学・哲学、真理に叡智・・と進まれる方が近年多くなってきていると思います。特に東京は沢山セミナーもありますし情報も集まります。柔軟思考でポテンシャルの高い方が上京してくるという土壌であることや、意識の世界を探求するには適した環境で、またその仲間も見つけやすいと思います。(勿論、正反対に精神世界について否定派なバリバリ実力で勝負!な社会人も多いですが、人口が多いので、スピリチュアルに興味がある人口も自ずと多いです。)

そんな訳で、成功者はその真理・思想に長けていて、しかも柔軟性に富み、実践・行動して体現した訳で、本来、自己啓発・自己探求とは単に読書や思想や趣味ではなくて、それぞれの実生活や仕事、人間関係に実践してこそのものです。

ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方 [ハードカバー] / イハレアカラ・ヒューレン (著); 櫻庭 雅文 (その他); 徳間書店 (刊) 割とスピリチュアル初心者でも理解しやすく社会人がはじめやすい、ハワイに伝わる【ホ・オポノポノ】というのがありますが、「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」を唱えるというのが有名ですが、本来、"全責任を負う"ことが原理です。
"ある人が人生の一切について責任を取るとは、彼が見、聞き、味わい、触れるすべてのことの責任を取ることである。そしてあらゆる経験は、彼の人生に存在するが故に、その人の責任が伴う"
"全責任とは、万物が人間の内面からの投影として存在し、問題は外部世界の現実にあるのではなく、我々自身と共にあり、現実を変えるためには、我々はまず自らを変えねばならない"


ちょっと難しいですょね。けれど、自己啓発・成功哲学から、スピリチュアルな世界を知るようになった方は、是非ご自分に合う方法で自己探求してみて下さい☆

その延長線上で現在では、スピリチュアル的な見えない波動、オーラ、ヒーリングのエネルギーなどについても科学で実証される時代になりました。というか、昔からエスパーとかサイキック系(透視・リモートビューイングなど)はNASAなどでも研究・利用されていたりするのですが、広く表に出て来たように思います。
科学やビジネス面でもスピリチュアル思考がたくさん見られるようになって個人的には嬉しいでするんるん
成功している人、カリスマ性のある人はオーラが凄い!と、見えなくてもそぅ思ったことはあるかもしれませんが、実際にオーラが大きかったり、ヒーリングで波動が上がるとオーラが改善したりなども実証済みです。ヒーリングに興味があればご覧ください。⇒リコネクションレジスタードマーク、遠隔ヒーリングなど

・・と言う訳で、真理を突き詰めると、全ては必然。
自己啓発や自己探求は、目に見える成果が出るのには時間がかかる場合がありますし、意識変革はエゴの拒否反応や納得ゆかなさがあり、アドバイスを受けてもなかなか実践するのは大変なものです。けれど、人は必ず心の内側第六感の方へと導かれるものだと思います。
そして、がむしゃらに努力するよりも楽で、ストレスが減ってゆく、心にも身体にも必然的に模索する道だと思います。
・・リコネクションレジスタードマークでオーラも改善・人生が加速・・
   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ   にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
posted by misa at 06:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事・・
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。